派遣社員でも作れるのか?アコムマスターカードの噂検証

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?現金主義な人の場合は現金払いだと思いますが多くの方は現金を持たなくていいので楽な反面、ただ、社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

初めてカードを発行するときについて説明します。

自宅から手軽にできるネットでの申し込みがあります。

手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

審査期間は即日というところが多いですが実際にカードが届くまでは2週間前後かかります。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など様々な場面で便利になるアコムマスターカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを持っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納や滞納を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

よくコマーシャルなどで見るアコムマスターカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社でしょうか?多くの人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

その結果か、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した年収などの情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の情報などうっかり入力ミスでも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性が出てくるので気をつけてください。

最近、イベントのチケットなどで先行抽選分はクレカ支払いのみなどアコムマスターカードが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを作る場合、気になるのが審査基準が厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかを見ています。

買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結果から言うと審査なしでカード発行はできません。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると年収からいくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

水道やガスが止まる経験を何回かやったことがある人は審査に落ちる可能性が高いです。

参照:派遣社員でも作れるアコムマスターカードとは?【審査在籍確認は?】

アコムマスターカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に勤務先に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に在籍連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を探すしかありません。

連絡の可能性が低いとされるカード会社の特徴としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

どういった場合かというとローンを組むことやアコムマスターカードを作ることが多いようです。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかをネットで調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

高い買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるアコムマスターカードは便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行、利用できません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンや奨学金などを滞りなく返済されているかなどのデータです。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。