ニキビを予防する方法とは?

ではそもそもニキビができないように予防するにはどうしたらいいのでしょうか?ニキビができるのは、毛穴がつまることが大きな原因とされています。
食生活や洗顔、お肌のケアなどに気をつけて生活することが重要です。
肌にいいとされる、ビタミンAやB2、B6、Cといったビタミンの摂取は特にニキビの予防に効果があります。
亜鉛やコラーゲンも肌にいいとされます。
亜鉛は皮膚の再生を促し、コラーゲンは皮膚を形成しているタンパク質なので、積極的に摂取するように心がけましょう。
野菜やレバー、鶏肉や魚などに多く含まれていますので、なるべくこれらを含む料理を食べましょう。
また料理だけでなく、サプリメントも勧められています。
古い角質を落として、余分な皮脂や汚れを落とす洗顔はニキビ予防にはとても重要です。
洗顔方法だけでなく、洗顔料も上手に選びましょう。
洗顔は、皮脂の分泌が多い人で一日2~3回くらいが目安で、優しく洗うことが基本です。
ぬるま湯で、軽く下洗いしたりホットタオルなどで毛穴を開かせたあとに洗顔するのが効果的です。
洗顔料はしっかりと泡立てることが大事で、苦手な人は泡立てネットなどを活用しましょう。
ゴシゴシこすって洗わずに、泡で洗ってるような感覚で洗ってください。
また、洗顔料が残らないようにしっかりとすすぎましょう。
洗顔料は刺激の少ないタイプでなるべく香料や着色料が入ってないタイプがオススメです。
スクラブ入りの洗顔料は、ニキビができていたりするときには刺激が強すぎてしまうようです。
睡眠不足やストレスなどを避け、お肌に優しい食生活と丁寧な洗顔を心がけることが重要ですね。
おでこニキビを治す方法とは?【原因と予防・治し方って?】