解約料金(違約金)とは?

auひかり、NURO光、フレッツ光ともに、光回線の解約について通常の契約だけなら、解約に関しての料金は発生しません。
まず、解約の手続きを済ませ、次にレンタル中のホームゲートウェイを返却すれば解約完了となります。
室内までの引き込み線を撤去する場合は、別途工事費がかかる場合があります。
一方で、各キャリアでも力を入れているサービスが「2年間の継続契約割引」です。
auの場合は「ギガ得プラン」で中途解約すると、契約解除料9,500円(税抜)が発生します。
So-netの「NURO光G2V」も同様に契約解除料9,500円(税抜)がかかります。
NTTの「にねん割」はファミリータイプでは9,500円、マンションタイプでは1,500円の解約金が請求されます。
又、初期工事費を分割払いしている場合は、一括請求されます。