社労士とは?

社労士とは社会保険労務士の略で社会保険や、労働に関する法律や人事の管理、労務の管理などの専門家のことをd社労士というようです。
人の採用条件や退職までに関することの問題、年金などの問題にも相談にのってもらえるようです。
そのような問題の専門家のエキスパートを社労士というようです。
社会保険労務法に関しての国家資格を取得してこそ、社会保険労務士として働くことが出来るようになります。
また、社会保険労務士の名簿に登録することで活躍することができるようですので、資格を取得した人は取得した後に必ず登録し続けなければならないようです。
平成26年12月現在で社会保険労務士は全国で39283人ほどいるようです。
また、法人会員は732法人あるようです。
社会保険労務士通信講座おすすめランキング【口コミ評判いい?】