災害に備え非常食を準備している?

年々、大雨による被害が深刻化しつつありますよね。
これは世界のことではありません。
我が国日本のことです。
(汗)集中豪雨、ゲリラ豪雨が各地で起こっています。
そしてワイドショーで報道されていますよね。
その被害の凄さがとりあげられていますよね。
(汗)夕立の様な強い雨が局地的に降ったりだとか、雨の降り方が違います。
一昔前とは変わってきているように感じます。
あなたはどう思いますか。
それで、私達の大雨に対する防災意識も変えなくてはならないと言うことでもあります。
大雨による災害から身を守るのにも次のポイントを日頃から心掛けるようにしましょう。
大雨注意報、警報、記録的短時間大雨情報などがあります。
このような雨に関する気象情報がでている時は、特に注意が必要と言うことですね。
※テレビ、ラジオ、新聞で最新の気象情報を知ることが大切です。
※注意報、警報がでている時は、特にこまめにチェックしましょう。
※1時間に20ミリ以上とか、降り始めてから100ミリ以上になった場合は、被害のでる恐れがあるので注意しましょう。
(雨で増水した小川や側溝、マンホール)などがあります。
これらの場所は転落事故がおこりやすい場所でもあります。
注意しましょう。
・雨が降り続いているのに川の水位が下がっている時、・急に川の流れが濁り流木が混ざる時、・がけに割れ目が見える時、・がけから水が湧き出る時、このような現象は土砂災害の前ぶれにおこる現象になります。
気づいた人は、まわりの人に知らせて一緒に避難しましょうね。
※何か危険を感じた時、防災機関から指示があった時は、速やかに避難することですね。
※避難の時は、持ち物を最小限にしておきましょう。
それには、リュックがおすすめですね。
※浸水の場所を避難するときは、とくに履物や足もとに注意しましょう。
※自分の住んでいる地域で、過去に(洪水・浸水・山崩れ・がけ崩れなど)起きたことがないか確認しておきましょう。
※自分の住んでいる地域の土地の特徴を知っておきましょう。
※危険区域、ハザードマップ作っておくと便利ですね。
一度見ておくことをお勧めします。
このように、日頃から災害に備えておくと良いですね。
これは、いざ避難のときに役立つと思います。
(笑顔)
ベルメゾンネットの非常食の口コミと評判