ブライダルローン審査甘いとこが知りたいなら

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますがほとんどの銀行では多目的ローンといった形で対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は式場と提携しているケースが多く、クレジット会社指定の式場で結婚式をあげることが融資を受ける条件になっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利は5から7%が相場なのに対し式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

その中でもおすすめなのが、ジャックスの「プレシャンテ」です。

金利は6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

ブライダルローンはその名のごとくブライダルに限った目的別ローンなので結婚に関する費用以外の使い道は認められていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

フリーローンと何が違うのかというと使い道を証明できる書類がないと融資が下りないということです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

カードローンなどのキャッシングを利用している人はまずは、キャッシングの借入残高の確認をする必要があります。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の半分を超える借入はできないため、事前に計算をしておくことが大切です。

銀行でも無制限に貸してくれるというわけではなく、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から借り入れを考えている人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借入可能ですが1人当たりの貸付総額は500万円と設定されているため、すでに楽天スーパーローンで300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないということになります。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダルローンの返済方法に悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけません。

300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度の赤字になってしまうのがほとんどのようです。

例えば1人あたり3万円のご祝儀をくれたとしても招待者が70人だと、ご祝儀の総額は210万円で90万円の赤字になってしまいます。

頑張って100人招待できればギリギリ300万円集まりますから、完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できた割合は45%と言われていますが残りの55%は一括返済できなかったことになりますから、ご祝儀での一括返済は容易ではありません。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは結婚に関連した使途以外には利用は認められません。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、早く新婚生活をスタートさせたいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

オリコが提供するブライダルプラン(ブライダルローン)は金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

申込条件は満20歳以上で安定した収入がある人で、収入や雇用形態、勤続年数などの条件は厳しくありません。

返済期間は6か月から最長84か月で融資金額が50万円以下の場合は最長48か月(4年)になります。

申込時にロ本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になり、ブライダルプランでの借り入れを含めてオリコでの借入れ額の合計が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要になります。

又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も直近3カ月以内の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンというローンは結婚に限定して融資してくれるサービスで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

消費者金融などには無利息期間が設けられていますがブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

もし、結婚に関する資金を無利息で借りたいのであれば無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して低金利なことがウリの1つですがキャッシングローンには変わりがないので返済期間が長いほど利息は多くなります。

参考:ブライダルローン審査の流れは?【他借入れあっても大丈夫?】

月々の返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済されます。

そして残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長引くほど利息が多くなってしまいますのでなるべくなら返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンの借入が結婚式の御祝儀で賄えるのであれば無理をしてでも一括返済することをお勧めします。

ご祝儀では一括返済に足りない場合は夫婦でしっかり契約をたてしっかり返済してきましょう。

ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴でどれくらいかかる相場なのでしょうか?全体の15%を占めているのは、300万円から350万円の価格帯で2位は400万円から500万円(約12%)、3位は350万円から400万円(約10%)となっているようです。

全国の平均相場価格は専門誌やサイトによってある程度ばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更に「さずかり婚」の場合だと、出産費用や乳児用品の購入費も必要となりますのでプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用されるものです。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制が考えると、年収が750万円から1 050万円必要になってしまいます。

若い人はそんな収入はないでしょうし、一生式が挙げられないんじゃ...と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行法によって規制されている銀行であれば、貸金業法は無関係ですし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。

ブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式以外にも新婚旅行などの費用にも用途は認められています。

家を購入することになれば、ほとんどの場合で住宅ローンを組むことになると思いますが頭金があるとないとでは、審査に通りやすくなる度合が変わってきます。

普通、住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2割から3割程度、用意しておくことができれば安心です。

この計算に基づくと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円となりますので簡単に用意できる金額ではありませんよね。

ブライダルローンで融資を受けたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利での資金調達が可能となるのです。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通らなければ当然融資を受けることはできません。

ブライダルローンは低い金利で融資をしてもらえますのでカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満など、返済能力が厳しそうな人が落ちていることが多いようです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり複数から借り入れがある人は要注意です。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。

みずほ銀行にはブライダルローンという商品はありませんが結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

返済期間は最長で7年、融資金額は最大300万円までとなっており、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

固定金利は年6.700%と低い金利なのが特徴的ですがさらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。

銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多く学費ローンやリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を結婚式や新生活の資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングでは目的別ローンになっておらず使い道が自由なフリーローンになります。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%なので、圧倒的に低金利だということはお分かり頂けるかと思います。

また、ブライダルローンは数百万円単位で借入可能に対し消費者金融のカードローンだと、初回の借入額は数十万円が限界です。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますが借金に変わりないので、事前にシミュレーションをすることが重要です。

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数が100回になり、支払期間が8年3か月にもなるのです。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので300万円ほどの結婚式で100万円くらいは赤字となるようですご祝儀目をあてこんで100万円のローンを組めば良さそうと思うかもしれませんが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。