楽天銀行のカードローンの審査が口コミで話題に

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが即日審査、最短即日融資は楽天銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

楽天銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

楽天銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

楽天銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

楽天銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、楽天銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が楽天銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

埼玉りそな楽天銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがフリーローンで対応することができます。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて低金利な上に来店不要という点も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合50万円以上、楽天銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

楽天銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは楽天銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター楽天銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

ちなみに、多重債務者の方はおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

楽天銀行のおまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

参考:楽天銀行おまとめローン審査の口コミは?【申し込みの条件と流れ】

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問はおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と楽天銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

楽天銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることでおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくショッピングローンの返済には使う事ができません。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

楽天銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので楽天銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが楽天銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンの審査落ちした人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。