いつからレイクアルサの審査は厳しいのか?

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の知られざる審査時間の長さや労働条件を詳しく解説していきましょう。

審査時間の長さについて紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことにより法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

お金を借りることができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングするという方法があります。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

レイクALSAの金利と銀行金利を比較してみると一般的にはレイクALSAの金利の方が高いと言われています。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるため必ずしもレイクALSAのほうが金利が高いとは言い切れません。

参考:レイクアルサ審査厳しい?無利息キャッシング即日振込【審査不安な方へ】

レイクALSAのキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので審査時間が短く利用することができることですよね。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行とレイクALSAが大きく違う点は審査時間の長さです。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入や返済もコンビニなどで審査時間が短く行えますしATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも安心して申し込めると人気です。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですが審査時間の短さは非常に高いです。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関してはレイクALSAの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業とするレイクALSAの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時、レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で審査時間が短く借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。